大阪大学大学院医学系研究科 医学部志望の皆さんへ 大学院志望の皆さんへ 企業の皆さんへ 一般の皆さんへ 在学生・卒業生の皆さんへ
You are here: HOME > 研究科長主催セミナー・公開講座・セミナー
 
 
 
  現在、研究科長主催セミナーはありません。
 
 
第301回 大阪大学臨床栄養研究会(CNC)
  【日 時】 平成21年10月19日(月)18:00〜19:00
【場 所】 大阪大学医学部 講義棟2階B講堂(吹田市山田丘2-2)
【テーマ】 ビタミンDによる脂質代謝調節
【演 者】 槇島誠先生(日本大学医学部生化学)
 
  ビタミンDは、血清カルシウム濃度の維持において重要な役割をしている脂溶性ビタミンである。
活性型である1,25-ジヒドロキシビタミンD3(1,25(OH)2D3)は、核内受容体であるビタミンD受容体(VDR)に結合し、カルシウム代謝に関連する遺伝子の発現調節を行っている。我々の研究により、VDRは、1,25(OH)2D3のみならず胆汁酸であるリトコール酸によっても活性化することが明らかになった。脂質の消化吸収に必要な補助因子である胆汁酸は、コレステロールを原料に肝臓で合成される。小腸に分泌された胆汁酸の大部分は再吸収されるが、一部は腸内細菌によってリトコール酸などの二次胆汁酸に変換される。我々は、ビタミンDシグナルと脂質代謝の接点であるVDRの生理機能の解析を行い、胆汁酸代謝に対するビタミンDの効果を明らかにした。近年、心血管病変のリスクを軽減させる因子としてビタミンDが再評価されている。ビタミンDに関する我々の研究成果と脂質エネルギー代謝に関する最近の報告についてレビューしたい。

【連絡先】 大阪大学大学院医学系研究科小児科学 三善陽子、大薗恵一
       TEL:06-6879-3932
       E-mail:miyoshi@ped.med.osaka-u.ac.jp

次回、第302回CNCは、救命救急センター 小倉裕司先生のお世話で11月9日(月)開催予定です。
line
大阪大学大学院 医学系研究科  社会環境医学セミナー
  【演 題】 異文化で戦う
【演 者】 阿部 隆徳 先生(弁護士・弁理士・ニューヨーク州弁護士 大阪大学大学院医学系研究科 特任教授)
【日 時】 平成21年10月7日(水)14時〜16時
【場 所】 共同研7階/セミナー・会議室
【概 要】
アメリカでは、医療関係者が、飛行機等で急病人を診ること、医療事故の自発的報告を行うこと、医療事故について患者に謝罪すること等を促進するために、ユニークな法制度を創設しています。この法制度はどのようなもので、なぜアメリカ人はこのような法制度を創設したのでしょうか?
この点を、演者のアメリカ裁判での経験も交えながら、
・なぜアメリカのウエイターは愛想がいいが、フライトアテンダントは無愛想か?アメリカのローヤーは?
・映画「シカゴ」で、ローヤーが、殺人事件の被告人の夫との最初の打ち合わせで発した第一声は何か?
・なぜ国民皆保険制度を進めようとしたヒラリーは、社会主義者のレッテルをはられたか?
・なぜ映画「シカゴ」で、リチャードギア扮するローヤーは、被告人に、裁判の最中、陪審員の前で編み物をするよう命じたか?
という点についてもあわせて考え、アメリカとの比較を通して、我が国を診てみたいと思います。 

医学系研究科 社会環境医学講座環境医学
教 授 森本 兼曩
連絡先:中山 邦夫
電 話:06−6879−3922
ファックス:06−6879−3928
nakayama@envi.med.osaka-u.ac.jp
line
 
   
 

Copyright (C) 2005 MEDICAL SCHOOL & SCHOOL OF ALLIED HEALTH SCIENCES. All Rights Reserved.